ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

映画 邦画

映画「帝一の國」の感想!あらすじと評価も!ウメの映画レビュー

更新日:

こんばんは、ウメです。

今話題沸騰中の邦画、「帝一の國」を観てきました!
そしてレビューです!

赤場帝一役の菅田将暉さんをはじめ、配役はバッチリだと思いましたね。
まあ多少違和感はあったものの、、、

監督は永井聡監督で、最近の映画ですと世界から猫が消えたならを撮った方ですね。

スポンサーリンク
 

予告編

スポンサーリンク
 

あらすじ

全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」。誰よりも早く動き始め、野望への第一歩を踏み出した帝一。待ち受けていたものは、想像を絶する罠と試練!友情と裏切り!
究極の格付けバトルロワイアル! いま、命がけの 「生徒会選挙」が幕を開ける!!
(公式サイトより引用)

感想

僕個人的にはすごく観たいと思っていた作品ですね。
原作がものすごく面白かったんですよね!

ジャンプ+で少し読んでハマっちゃったので漫画喫茶で全巻読んでしまうという。

ただ漫画自体は結構ボリューミーな内容なのでどうやって2時間で収めるのかが気になりました。
まあ案の定原作からかけ離れたりカットしたりといった内容でしたね。

それでもすごく面白かったですよ!
原作読んでなかったら純粋にめちゃめちゃ面白かったと思います!

原作ファンの人でも十分に楽しめる内容でした!が、帝一が2年生になった時の物語が好きな方はそんなにかもしれないです。
あと美美子の取り合いが無いのもいただけないかな。

あとは配役ですね。

公明と氷室以外は完璧な配役だったと思います!
公明と氷室もマッチしているのですが何かが違う、、、(超個人的な感想です。)

個人的に一つマイナスポイントなのは無理矢理詰め込んだ感が否めないところですね。
帝一が1年生の時と2年生の時とで前後編に分けても良かったのでは?と思いました。
鉄は熱いうちに打てと同じで、原作が人気なうちに映画化なのでしょうけど。

評価と一言

それでは「帝一の國」のウメ的評価は〜

★★★★☆

星4つ!

邦画にしては面白かったです!
久々に面白い邦画でした笑

ただ、新1年生が出てこないのと詰め込み過ぎは良くないかと思いました。

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

-映画, 邦画

Copyright© ウメブログ , 2018 AllRights Reserved.