ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

映画 洋画

映画「パッセンジャー」の感想!あらすじと評価も!ウメの映画レビュー

更新日:

こんばんは、ウメです。

今回は「パッセンジャー」を観てきました!

予告編を観てから観に行きたい欲が強くなったんですね
これ結構面白そうなんですよ。

監督はモルテン・ティルドゥム監督で個人的に大好きな「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」を監督した方なんです!

スポンサーリンク
 

予告編

スポンサーリンク
 

あらすじ

近未来、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、人々の移住地に向かうべく地球を出発。到着までの120年、冬眠装置で眠る乗客のうちエンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だけが、予定より90年も早く目覚めてしまう。絶望的な状況を打破しようとする二人は、次第に思いを寄せ合うものの、予期せぬ困難が立ちはだかり……。
(シネマトゥデイより引用)

感想

最初はもんのすごく淡々と進みます。
しかも登場人物は一人という。

ただその描写がすごいうまいんです。
一人になって気が狂い始めるところがうわーって感じで、、、
しかも一年ちょい宇宙で一人。そりゃおかしくもなっちゃうよね。

で、最初の方の終わりらへんで結構重要なことが起きるんですが意外とあっさりやっちゃった印象。
その後に艦長が突然起きて突然死ぬ!

ただ単に自分のIDとパスワードを渡すために起こされた可哀想なキャラクターでした。
お悔やみ申し上げます。

艦長が出てきたのほんとに短すぎて感情移入の欠片も出てきませんでした。

最後のシーンは宇宙船の外からしか直せない故障らしくてジムが直しに行ったのですが。
あれ?このシーン何処かで見たような気が。
あ、アルマゲドンだ。

流石にちょっとは違うのですがほとんどアルマゲドンなんですよ。
アルマゲドンだとパパンが置いてけぼりになっちゃうので、パッセンジャーでもジムが宇宙に放り出されるのかなーと勝手に思っていたのですが無事生還。

ちょこーっと期待はずれな部分はあったのですが結末としてはこれでいいのではないでしょうか。
そして、思い返してみれば最初のシーンも何処かで見覚えが、、

そう!オデッセイです!
オデッセイは火星に置いてかれて一人になるのですがパッセンジャーは故障で目覚めちゃって一人に。

ようはこの映画、「オデッセイ」+「アルマゲドン」=「パッセンジャー」なんですよ!
パクリとはいわないですが気づいちゃっいました。

まあSF映画なので似たりよったりな部分はどうしても出てきますよね。
あとに出した映画は起承転結のどこかで何かの映画と被っちゃうわけですし。

これはこれでアリだと思います!

評価と一言

それでは「パッセンジャー」のウメ的評価は〜

★★★☆☆

予告編での期待が大きかった分評価としては低くなっちゃいました。
そしてこのレビューを見たあとにこの映画を観ればオデッセイとアルマゲドンな部分が見え隠れするのではないでしょうか?

原題「Passengers」

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

-映画, 洋画

Copyright© ウメブログ , 2017 AllRights Reserved.