ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

映画 洋画

映画「殺人の告白」の感想!あらすじと評価も!ウメの映画レビュー

更新日:

こんばんは、ウメです。

今回は韓国映画のレビューです。
予告編を観たときに面白そうだなーと思って某レンタルショップにて借りて観ました!

まず監督はチョン・ビョンギル監督でもちろんですが韓国映画を多数手がけています。

そしてなんとこの映画は日本でのリメイクがされたのです!
そのタイトルは「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」

主演は藤原達也さんです。
ストーリー自体はほぼ一緒なのですが世界観?と国が変わるくらいです。

スポンサーリンク
 

予告編

スポンサーリンク
 

あらすじ

時効の成立後、イ・ドゥソク(パク・シフ)という男が、自分は15年前に世間を騒がせた連続殺人事件の犯人だと告白する。その後、暴露本を出版した彼はそのルックスの良さも味方し、一躍時の人として世間にもてはやされる。一方、ずっと犯人を追い続けてきたチェ刑事(チョン・ジェヨン)は、本の中にまだ解決されていない事件の真相の記述がないことを不審に思い……。
(シネマトゥデイより引用)

感想

予告編だけでもう面白いでしょ?
これは観ても損はないなと思い観ましたね。

ただ、どうしてもイライラしてしまう場面があります。
それはチェ刑事が冒頭で何度も銃を持って犯人を追い詰めるのですがなかなか撃たないんです。

命までは取らなくともせめて足とか手とかを撃てば後々の展開は未然に防げたのに!って思ってしまったんです。
それに冒頭だけでなく終盤にも同じような事をしているのに対してすごいイラッときました。

あとこの殺人鬼として出てきたイ・デュソクが普通にイケメンです。
雰囲気としては坂口健太郎ににてるかな?と思います。

最後にこの映画の面白いところは冒頭から終盤まで色々魅せておいて最後の最後に仕掛けをバラすんですよ。
僕もまさかと思いましたからね笑

この仕掛けのバラシ方がシャッターアイランドに似ているので、シャッターアイランドが好きならこの映画は面白いと思うこと間違いなしです!

評価と一言

それでは「殺人の告白」のウメ的評価は〜

★★★★☆

星4つ!

チェ刑事が冒頭で犯人を殺しておけば、、というのを思いすぎたので星一つマイナスです!

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

-映画, 洋画

Copyright© ウメブログ , 2017 AllRights Reserved.