ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

映画 邦画

映画「アイアムアヒーロー」の感想!あらすじと評価も!ウメの映画レビュー

投稿日:

こんばんは、ウメです。

今回はちょっと前に話題になった和製ゾンビ映画のレビューです。

監督は佐藤信介監督でなんとGANTZや図書館戦争などの有名作品を手がけた方です!

スポンサーリンク
 

予告編

スポンサーリンク
 

あらすじ

漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。
(シネマトゥデイより引用)

感想

率直な感想は勿体無いですね。

CGの技術などすごくきれいで原作に忠実なのに終わり方がすごく勿体無い。

原作に忠実すぎて終わり方が中途半端っていうのもあるのですがもう少しきれいに終わらせるか時間が経ってから制作したらもっと良くなっていたのではと思いました。

でも原作が完結していないぶん映画の中で勝手に終わらせられないのと、人気があるうちに公開しておかないと観客動員できないというジレンマですね。

あと最初らへんは結構グロいので食事中に見るのはやめておいたほうがいいかもしれませんね。。
ただ慣れてしまえば全然グロく感じなかったのでグロいのがあまり好きではないという方でも観れるのではないかと思います。

これが一番気になったのですが、比呂美ちゃんゾンビ化しなくてよくね?ってとこです。

ゾンビ化した一番最初だけ英雄を守ったのですがその後からはもう空気ですね。
むしろお荷物ですよ。

それからこれは超個人的な意見なのですが長澤まさみの勝ち気な役柄が微妙かなと思いましたね。
いい意味で慣れてないといいますか。

その他の配役は違和感なかったですね。

評価と一言

それでは「アイアムアヒーロー」のウメ的評価は〜

★★★☆☆

星3つ!

やっぱり気になるのは終わり方と比呂美ちゃんのお荷物具合ですかね。

もういっそ和製バイオハザードみたいにシリーズ化しちゃえばいいのにと思った次第です。

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

-映画, 邦画

Copyright© ウメブログ , 2017 AllRights Reserved.