ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

映画 洋画

映画「アイアンマン」の感想!あらすじと評価も!ウメの映画レビュー

投稿日:

こんばんは、ウメです。

今回はドクターストレンジの公開を記念してアベンジャーズシリーズを順番に書いていこうと思います。

まずアベンジャーズの時系列や見る順番を知りたい方はこちらをクリックしてください↓

監督はジョン・ファヴロー監督でなんと監督自身もアイアンマンに出ちゃっているのです!

スポンサーリンク
 

予告編

スポンサーリンク
 

あらすじ

億万長者で発明家の軍需産業会社社長トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、視察に訪れた軍のキャンプでテロリストの奇襲に遭い、胸を負傷してしまう。やがて自分の会社の兵器がテロリストに悪用されている衝撃の事実を知ったトニーは、自ら戦闘用のスーツを作り、“アイアンマン”となってテロリストに闘いを挑む。
(シネマトゥデイより引用)

感想

まず一言でいうとかっこいいよね。

僕がアベンジャーズで一番好きなのはアイアンマンだといっても過言ではないくらいに!
正直アントマンもやっぱりかっこいいですが。

アベンジャーズのメインヒーローには誰とはいわないですが、薬で超人化したりガンマ線をあびて超人化したり蜘蛛に噛まれて超人化したり、もともと神様やロボットとか基本的になんでもありなんですけどアイアンマンとアントマンは近い将来実現しそうなスーパーヒーローなんですよ!

両者ともにスーツを着たおかげでめっちゃ強くなれているので中身は普通の人間なんですよね。

実際にはデアデビル(盲目のヒーロー)が一番現実的なんですけどね(たぶん)。

で、内容なんですがまず自分が作った平気で拉致られたのをきっかけに考え方が変わって人を殺す平気ではなく人を守れる平気を作ろうとするわけなんですよ。
そこで皆様おなじみのアイアンマンのスーツを作るわけなんですが拉致られて監視の目もあり資材や実験ができない中でマーク1を作っちゃうんです。

もう天才ですよね。

そして命からがら脱出したのにSiriよりも賢い人工知能のジャービスと共にマーク1の改良型をどんどんと作るんですよね。

その描写が結構面白くてちょこっとだけ笑えちゃいますね。だってラボや自分の車をボロボロにしてしまうので笑

主人公のトニー・スタークとヒロイン兼秘書のポッツとの恋愛描写もなんかもどかしいです。
ベタベタな恋愛をしないところもいいんですよ。

最後の最後には傲慢でわがままなトニーが男を見せたりとか男女問わず楽しめちゃう!

これに関しては自分の目で観て確かめてください!

評価と一言

それでは「アイアンマン」のウメ的評価は〜

★★★★★

星5つ!

もうこの時点で完成系のような作品でもありますし、ベタベタじゃない恋愛描写じゃないところもいいんです!

原題「Iron Man」

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

-映画, 洋画

Copyright© ウメブログ , 2017 AllRights Reserved.