ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

映画 邦画

映画「銀魂」の感想!あらすじと評価も!ウメの映画レビュー

投稿日:

こんばんは、ウメです。

今回は、実写版「銀魂」を観てきましたので早速レビューをしていきたいと思います!

ちなみに、ウメは漫画もアニメも原作を読んだことはありませんのでだいぶ甘口レビューになると思います。

スポンサーリンク
 

予告編

スポンサーリンク
 

あらすじ


©空知英秋/集英社©2017 映画「銀魂」作成委員会

宇宙から襲来した天人(あまんと)に支配され侍が衰退した江戸時代末期、いまだに侍魂を堅持する男・坂田銀時(小栗旬)は、廃れた剣術道場の息子・志村新八(菅田将暉)や、戦闘種族である夜兎(やと)族の少女・神楽(橋本環奈)と共に万事屋を営んでいた。江戸では、謎の妖刀を使った辻斬りが横行し、銀時の旧友である攘夷志士・桂小太郎(岡田将生)がその凶刀に倒れ、行方不明になり……。
(シネマトゥデイより引用)

感想

感想は一言でいうと面白いです。
いやすごく面白いです。

パロディー満載で、出演者本人のCMだとかも使うので観ていて笑えます。
少なくともニヤッとはするはずです。

たとえば、おばたのお兄さんで話題の「まーきのっ」を小栗旬本人が「かーぐらっ」と言ってみたり、菅田将暉がグラブルのCMをしているので「グラブってる?」と言ってみたり笑

乗っけから詰め込み放題なんですよ。
もちろんストーリーの中盤とかにも出てきますよ。

特に後半の佐藤二朗の役は大好きです笑
すんごく面白かったです。

肝心のストーリーですが、正直うーん。という感じでした。
銀魂の原作やアニメを観たことないのも原因の一つではあると思いますが、ウメは主人公補正が余り好きではないです。

特にバトル物の映画とかは主人公補正モリモリなのですが、そんな訳笑って思っちゃうんですよ。

たまに最終形態が一番弱いとかいうこともありますからね!

銀魂も少しばかり主人公補正かかっているのでこの点はマイナスです。

評価と一言

というわけで、映画「銀魂」のウメ的評価は~

★★★★☆

星4つ!

主人公補正が気がかりすぎて星を引きました。
ただ、全体的にすごく面白い作品なので是非とも観てみてください!

原作を読んだこととかないのでだいぶ甘い評価だと思います。
感謝しろよ!

では、映画「銀魂」をみーてねっ!

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

-映画, 邦画

Copyright© ウメブログ , 2017 AllRights Reserved.