ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

映画 洋画

映画「ライフ」の感想!あらすじと評価も!ウメの映画レビュー

投稿日:

こんばんは、ウメです。

今回は火星人の映画「ライフ」を観てきました。予告編を観た時にSFファンのウメとしては観ねば!と思いました。

監督はダニエル・エスピノーサ監督で、今までの作品でウメが知っているものはありませんでした。

スポンサーリンク
 

予告編

スポンサーリンク
 

あらすじ

世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。
(シネマトゥデイより引用)

感想

今回はネタバレをふんだんに使っていますので、見たくない方は左上の戻るボタンをポチッと。

最初の出だしの部分ですが、テンポが少し遅いかなというふうに思いました。
細胞を見つけて再生するまでと、そこから凶暴になるまでが少し長かったです。

でもそのあとのテンポは良かったですね。

長すぎず、短すぎずで一人一人描かれていたのでちょうどよく見れました。
いい感じに感情移入してきたところで宇宙の彼方に飛んでいったりするので夢中になって観ることができました。

ひとつ気になったのが、火星人(カルビン)の成長めっちゃ早くない?というところです。
最初にマウスを獲物にして大きくなるのですが、あんなにちっちゃいのを摂取して3倍くらいの大きさになってましたね。

途中で様々な方法でカルビンを隔離するのですが、ことごとく失敗します。
特に終盤にカルビンを隔離することに成功したのですが、ショウがいらんことをして失敗します。

このショウの行動のせいで色々と変なことになりましたね。ということで、戦犯はショウです。

あ、ショウっていうのは乗組員の一人で、ラストサムライなどに出演している真田広之さんです。やっぱり日本人が出ているといいですね。

隔離に失敗するわ、宇宙船の軌道が変わるわ、酸素とかなくなるわで最悪ですよね。

ウメが乗っていたら切れちゃいますね。うん。

そして、一番最後のシーンなのですがまさかのバッドエンド。想像と違いすぎて目が点になりましたね笑
カルビンの頭が良すぎて自分で操縦して地球に辿り着いちゃうんですよ。

しかも女の人は宇宙の彼方に。。

近くにいた人が蓋を開けてしまったのでカルビンが地球で暴れ散らかすこと間違いなしですね!
できれば是非続きを作って欲しいです。トランプvsカルビン的なの。

評価と一言

というわけで、「ライフ」のウメ的評価は〜

★★★★★

星5個です!

ストーリーとしてはすごいウメ好みで、最初以外は食い入るように観てしまいました。

原題「LIFE」

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

-映画, 洋画

Copyright© ウメブログ , 2017 AllRights Reserved.