ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

映画 洋画

映画「ガタカ」の感想!あらすじと評価も!ウメの映画レビュー

投稿日:

こんばんは、ウメです。

今回は結構古い映画なのです。1997年に公開した「ガタカ」のレビューです!

SFファンの方なら結構知っている人も多いのではないでしょうか?

監督はアンドリュー・ニコル監督で代表作はTIME/タイム、ドローン・オブ・ウォーなどで主にSF作品を撮っている監督ですね。

スポンサーリンク
 

予告編

スポンサーリンク
 

あらすじ

遺伝子操作により管理された近未来。宇宙飛行士を夢見る青年ビンセントは、劣性の遺伝子のため希望の無い生活を送っていた。そんなある日、ビンセントは闇業者の手配により、事故により身障者となった優秀な遺伝子をもつ元エリート、ジェロームに成りすます偽装の契約を結ぶ。そうして、ジェロームの遺伝子を借りてエリートとなったビンセントは、宇宙飛行施設“ガタカ”に潜り込む。が、そんな中、彼の正体に疑いを持っていた上司の殺人事件が起こり……。
(allcinema ONLINEより引用)

感想

この作品は遺伝子がすべての時代のお話です。
生まれながらに遺伝子ですべてわかってしまうので将来かかる病気や死因までほぼ正確にわかってしまいます。むしろ、そういう危険性などを取り除くことがこの世界では一般的な出産方法です。

そのため産まれた時には今でいう勝ち組、負け組が決定してしまうのです。
なんだろう、結構怖いですよね。

就職の時とかも履歴書は自分の遺伝子でより優秀な遺伝子がいわゆる大企業やトップアスリートになれちゃうのです。

主人公のビンセントは営みでできた子供でこの世界においてはイレギュラーな産まれ方でした。
遺伝子操作をしていないので心臓が弱く就学する際も責任を負えないと学校側に拒否られてしまいます。

それを不憫に思った両親が遺伝子操作をして優秀な弟をこの世界の普通の産み方で作ります。性別、髪の色、肌の色、病気になりにくいなどなどを受精したタイミングですべて決めてしまうのです。

ただ、こうした産み方で生まれた子も人間の子です。スーパーヒローではなく所詮は人間です。
事故などの不運に見舞われてはどうしようもありません。

これらの不運に見舞われた優秀な遺伝子を平凡な人間が借りて、優秀な人間のふりをすることもあります。それと同時に一番嫌われる人間にもなります。

ビンセントはいわば嫌われ者の一人で、夢である宇宙飛行士になるためにガタカに入社します。

ちなみにガタカはNASA的なところです。

で、ここからがこの映画の面白いところです。ここまで観てしまったらあなたは全てを観るでしょう。実際にウメがそうでしたから笑

映画の前知識が結構な量になっちゃいましたね。
ここからはネタバレになっちゃうので是非自分で観て楽しんじゃってください!

評価と一言

というわけで、「ガタカ」のウメ的評価は〜

★★★★★

星5!

古い映画ですがとても面白く観ることができるので結構オススメな映画です。先ほどもいいましたが、ウメは冒頭の30分でもう魅了されちゃいました笑

原題「Gattaca」

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

-映画, 洋画

Copyright© ウメブログ , 2017 AllRights Reserved.