ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

映画 邦画

映画「こどもつかい」の感想!あらすじと評価も!ウメの映画レビュー

投稿日:

こんばんは、ウメです。

今回はタッキーこと滝沢秀明初主演の映画「こどもつかい」を観てきました。

監督は呪怨や新耳袋などのホラー作品で超有名な清水崇さんです。これは確実に面白い!と思って観たのですが感想はあれ?というものでしたね。

スポンサーリンク
 

予告編

スポンサーリンク
 

あらすじ

新人記者の駿也は、郊外で起こった連続不審死事件を追ううちに奇妙な偶然に辿りつく。小さなこどもが失踪した3日後に、その周りの大人が死んでいるのだ。死んだ大人たちはこどもに怨まれていたという。街の人々の間に広がる、“こどもの呪い”の噂。これは、事件なのか?呪いなのか?そして、駿也の恋人・尚美がふとしたことでこどもに怨まれ、“こどもの呪い”が現実に迫りくる。尚美を守るため呪いの核心に近づこうとする駿也だが、2人の間に現れたのは、謎の男“こどもつかい”。男の笛の音とともに、物影から、廊下の奥から、そして背後から、次々に“こどもの霊”が現れ、襲い掛かる…!“こどもつかい”とは何者なのか?
TOHOシネマズより引用

感想

最初に予告編を観たときなにこれめっちゃ面白そう!って思ったのですが、実際観てみたらあれ?と思いました。

ただ、これはホラーという視点で観ていたのであまり面白くなかっただけで、ファンタジーとかそっち系の視点で観れば面白いと思います!なのでみなさんはホラーというよりもダークファンタジー的な感じで観た方がいいと思います。

一番最初の(虐待でベランダに放置している)シーンですが、漫画「死役所」と似ているところがあったのであれ?と思いました。ただ、「死役所」では、人が亡くなった後の話なのでその部分は違うので一安心。

その後にタッキー演じるこどもつかいが現れるのですが、ドラマ「砂の塔」を思い出しました。どちらもハーメルン事件を少し混ぜていると思うので似ているのは仕方がないか。

その後に出てくる蓮くんというこどもがいるのですが、その子が尚美の家に泊まりに来た時に童話のハーメルンを読んでいました。やっぱりそうなのねという感じですよね。

で、駿也はこの事件を追っているのですが、この事件を経験した人が駿也のめっちゃ近くにいたんです。そう、それは尚美。昔母親に虐待されていて、それを機にこどもつかいと契約するのですがそのことをすごい後悔していたんです。

記憶からなくなるくらい。
後悔していなければ覚えていると思うので、相当後悔したんだなーというふうに思いました。

尚美が事件に巻き込まれてからの展開は結構だらだらしていたように感じました。テンポが悪かったかな。

これまでの半分くらいのテンポになったので、スリルとか爽快感が失われた印象です。ラストなんだから逆に爽快感もたせた方がしっくりくるだろと思いました。

あと、アフタークレジットに映像があるのでそこも見逃さずに。ウメはトイレに行っていて見逃しました笑

評価と一言

というわけでそんな「こどもつかい」のウメ的評価は〜

★★☆☆☆

星2つです!

これを観るならホラーではなくダークファンタジーだと思いましょう。リングとか呪怨とかのガチガチのホラーを観たい方は別の作品の方が面白いと思います。

ちなみにウメは、ガチガチのホラーだと思って観ていたので少し拍子抜けしました。

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

-映画, 邦画

Copyright© ウメブログ , 2017 AllRights Reserved.