ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

IT サービス

【悲報】ウメが個人SNSをやらない3つの理由。

投稿日:

こんばんは、ウメです。

今回はウメがSNSをやらない理由をお伝えしようと思います。もちろんブログ用のTwitterは持っていますが、個人用のアカウントは作っていません。

正確にはアカウントをすべて削除して、現在はやっていないということです。

今回はSNSをやってはいけない3つの理由を紐解いていきます!

スポンサーリンク
 

SNSとは?

簡単にいうと、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは、インターネットを使った知人、友人、更には見知らぬ人と繋がりをもてるサービスです。
インターネットの中で、自分の社会を作り上げるという今の時代にとっても見合ったサービスです。

やれFacebook、やれTwitter、やれInstagram。正直うんざりなんですよね。

インターネットはときにあなたに牙を向き、ときにあなた(個性)を押さえ込んでしまうこともあるのです。
そんな中で、周りに流されずに頑なにSNSを嫌ってきたウメが、SNSの危険性、SNSをやらない理由をまとめます。

続きはスクロールしてね↓

スポンサーリンク
 

SNSは体に悪い!

もうこのまんまです。

あなたはSNSをしていることで、夜寝れない、寝付きが悪くなる、イライラするなどといったことはありませんか?自分では気づかなくても深層心理であると思います。

まず、寝れない、寝付けないなどは完全にブルーライトが原因です。スマホやパソコンなどの画面を見ることによって、脳はまだ昼かと錯覚して起きてしまうんです。

その他にも、肩こりがひどくなります。現に、このブログを書いているウメも肩こりがひどいです。22歳です。なのにパソコンで肩がこりまくっています。

スマホでもたまに記事を書いているので、肩がこります。それに加えて、スマホは画面が小さいので目がめちゃくちゃ疲れます。SNSみたいに文字情報を小さい画面で見まくっていたら視力の著しい低下待った無しですよ。

貴重な体験を無駄にする

せっかくの旅先でファインダー越しに風景を見たりしていませんか?

アメリカの研究では、SNSに上げる写真を取るために貴重な瞬間を見逃している人が多数いるとの研究結果が出ています。ちょっと文献は忘れてしまいましたが、本当にこの通りなんです。

たとえば、綺麗な場所に来てSNS用の写真を撮りまくっているとします。その中で、画面に入らない部分の背景で奇跡的にきれいな瞬間があったとします。その時SNSの写真を撮っている人は、その瞬間を見れたでしょうか?

答えはNOです。

つまり、写真を撮るのはいいのですが、SNS用に何枚も何十枚も撮ってしまうのはナンセンスなんです。

根本的につまらん

みなさんSNSっておもしろいですか?

ウメにはわかりません。知ってる人知らない人関係なくその人の1日を見てなにが楽しいの?
情報交換のツールとしては最高に素晴らしいサービスだと思いますが、個人としてSNSを使うのではなく、使われている人が多すぎるような気がします。

SNSに上げる写真を何十枚取ったり、生意気なことを発信したら叩かれるからとか。それならもうやらなくてよくない?気疲れしない?ということなんです。

それに、他の人の近況ってそんなに楽しい?「いいね」してるけど本当にそう思ってる?ただ「悪いね」ボタンがないだけなんじゃない?ウメには全てにおいて理解が不能です。

SNSが究極につまらない理由は、

インターネット上の関係を気にしすぎてリアルの人間関係が壊れてしまうこと

なんです。

あなたの周りにもいませんか?SNSに夢中で一緒にいるのに相手をするのはスマホだけ。あなたは二の次。そんな人とこれからも友達でいられますか?ウメは無理です。

これって本末転倒ですよね。

これからは、リア充爆ぜろとかそういったことは現実になります。安心してください。爆ぜますよ!ってな感じでスマホが恋人になる人が増えてくるでしょう。

最後に

最後にお聞きします。

あなたにとって大切なのはリアルの人間関係ですか?それともインターネット上の人間関係ですか?
ウメはリアルの人間関係を大切にしています。もちろん、インターネット上での繋がりも大切にしたいのですが、一番大切にしたいのはリアルの人間関係です。

そしてウメは、これからも個人のSNSアカウントは作りませんし、作る気もないです。

アメリカのピッツバーグ大学医学部の研究チームがSNS(Facebook)についてある研究結果を出しました。それは、Facebookが人生の幸福度を下げるといったものです。
当たり前です。Facebookは見栄と欲の塊間のですから。

研究結果をまとめている記事はこちら↓
Forbes Japanさんの記事です。
ありがとうございます。

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

-IT, サービス

Copyright© ウメブログ , 2017 AllRights Reserved.