ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

展覧会

面白いと話題沸騰中?!「怖い絵展」に行ってきた感想!

更新日:

こんばんは、ウメです。

今回は今話題沸騰中の怖い絵展に実際に行ってきたのでその感想と見どころを書きます!

スポンサーリンク
 

怖い絵展の基本情報

  • 場所:上野の森美術館
  • 当日券:一般1,600円、大学生・高校生1,200円、中学生・小学生600円、小学生未満無料
  • 前売り券:一般1,400円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生500円、小学生未満無料
  • 所要時間:〜3時間

「怖い絵展」のオフィシャルサイトはこちら↓
怖い絵展

スポンサーリンク
 

怖い絵展の混雑状況は?

通常の展覧会に比べて混雑していると思われます。
ウメが行ったのは雨の日の平日で、入場は比較的スムーズだったのですが、絵の真意を考えるため中が非常に混雑していました。

流れに乗って全ての絵を見ようとすれば1日が終わるかと思います。

怖い絵展の見どころ

今回開催されている怖い絵展の見どころは、「レディ・ジェーン・グレイの処刑」だと断言できます。

この絵はもともとは災害と同時に姿を消した絵だったのですが、とある研究生が倉庫内から見つけてロンドンナショナルギャラリーに展示されたことで有名です。
そんな貴重な絵が日本に初来日したことと、オフィシャルサイトや広告、当日券などにもプリントされるほど推されています。

むしろこの絵を見るためだけに訪れてもいいのではないでしょうか?

もちろん他にも多くの絵があり、それらも「レディ・ジェーン・グレイの処刑」同様に楽しむことができます。

怖い絵展の感想

怖い絵展の感想ですが、一言で言うと面白かったです。
今回は音声ガイドを借りて見てたのですが、やはり文字と音とでは分かりやすさが何倍も違うように思いました。

特に混雑時なんかは音声ガイドがないと絵の横にある説明が見えないこともあると思うので、音声ガイドは絶対に借りた方がいいです。

そして、数十点もの「恐怖」をテーマにした絵が飾られているのですが、それらをすべて見るとさすがに疲れます。
特に人混みが苦手な人はすごく疲れると思います。

しかし、それらを加味しても有り余る面白さがあるとウメは思います。
ネタバレを避けるためあまり多くはいいませんが、やはり「レディ・ジェーン・グレイの処刑」を見ていると感慨深いものがあり、当時の残酷さを垣間見ることができたりするのでオススメです。

皆さんも是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

-展覧会

Copyright© ウメブログ , 2018 AllRights Reserved.