ウメが気になったこと、体験したこと、聞いたことをどんどん記事にしていくブログ

ウメブログ

教育 英語

どうして日本人は英語を喋れない?日本の英語の授業は無駄?!今宵徹底解析!

更新日:

こんにちは、ウメです。

実は私は高校生の間、まるまる3年間分海外に留学していました。

そこで思ったのが、「日本人って本当に英語喋れないよね」。

と、いうわけで今回その原因をウメなりに徹底的に分析してみました!

 

スポンサーリンク
 

日本の英語の授業は全くもって意味がない!

日本の英語の授業はあくまでお受験英語

外国に行って、現地で学んで初めて気がついたことなのですが、日本の英語の授業って本当に実戦向きじゃないんですよね。

だいたい、語学を学ぶのにその語学ではなく日本語を使って学ぶことに違和感を感じます。日本語で英語を学んだところで覚えられるわけがないんですよね。

なので日本の英語の授業はあくまで受験の為の英語なんですよ。

考えてもみてください。英語、つまり語学は「語り方を学ぶ」のですよ。机の上で紙とにらめっこしてても語り方なんか一生分かりません。

あくまで知識として残るだけなんです。それを平気でやってのける日本の教育機関は逆にすごいと思います笑

 

丸暗記では喋れるわけがない

もうタイトル通りです。

教科書に書かれたことを丸暗記する、黒板に板書されたことを丸暗記する。それでは喋れるようになるわけないじゃないですか。

あなたは日本語を覚える時に暗記をしたのではないはずです。赤ちゃんの頃から周りの人の会話を聞いてその中で日本語を覚えたはずです。

つまり、日本語の語り方を身近な人から自然と学んだと思います。

 

文法と単語にこだわりすぎ

あなたは英語の授業を受けている中で疑問に思ったことありませんか?

「こんな文法と単語どこで使うんだよ!」と。その通りなんです。難しい文法や単語を覚えるのはとてもいいことです。

しかしながら、日常会話を行う中で出てくる文法や単語は中学の授業で出てくるものがほとんどです。もしもあなたが英語を使ってビジネスをする!となった時はそれ以上の文法、単語を覚える必要がありますが、大多数の方は中学までの学力で喋れるんです!

 

それから文法と単語にこだわりすぎた結果、穴埋め問題が数多くあります。

穴埋め問題は答えが一つしかないので結局は暗記になってします。せっかく英語にはたくさんの言い回しがあるのに、穴埋め問題は実に勿体無い勉強法なんです!

 

発音を軽視しすぎ

ではなぜ中学までの英語を知っているはずなのに喋れないのでしょうか?

それは、日本の英語の授業は発音を軽視しすぎなんですよね。これはお受験英語なので仕方のないことです。

 

でも、実は文法力がなくても喋れるんです!正確には言いたいことを伝えれるんです!

例えば、外国人が「ワタシ、スキ、ラーメン、オイシイデス。」と言っても伝わりますよね?

 

そうなんです。文法が間違えてても伝わるんです!むしろ発音を軽視していることの方が問題です!

例えば、Water(水)の発音をウォーターと言っても高確率で伝わりません。文字じゃわかりづらいかもしれませんが、ワーラァーという発音が正しいのです。

 

これで文法と発音のどちらの方が重要かわかったと思います。

 

スポンサーリンク
 

英語は英語で理解しないと意味がない

和訳にしろ英単語を覚えるにしろ英語を日本語に訳す時点で喋れないんですよ。映画の翻訳とか通訳とかで役立つ場面はありますが、それはあくまで喋れるという段階を踏んだ後のことなんですよ。

例えば、皆さんは会話の中でAppleと聞かれていちいちりんごと訳しますか?訳さないですよね?

いちいち英語を頭の中で日本語に訳して、その返しの日本語をまたいちいち英語に訳してっていうことをしているのならあなたは一生英語を喋れません。

そもそも、ネイティブスピーカーの言っていることについていけなくなります。

なので、英語は英語で理解することが大事なんです。つまり、英語脳を作ることが重要なんです。

 

 じゃあどうすれば喋れるようになるの?

本当に喋れるようになりたいのなら、選択肢は私の中では4つあります。

  • 海外留学、ワーキングホリデー
  • 英会話教室
  • スカイプなど
  • 一人英会話

海外留学、ワーキングホリデー

実はこれが一番の近道だと私は思います。

だって英語で話さないと生きていけないんだもん。

日本人はシャイな人が多いので、日本人しかいないコミュニティの中だと日本語でしゃべってしまうんですよね。私もそうでした。ちなみに今もそうです。

しかし、海外に行くことによって英語じゃないと生活もままならない状況下にいるといやでも、下手くそでも英語を喋るんですよ。外国人の方は優しい方が多いので通じなくても一生懸命理解してくれようとします。

 

でも、発音が不安、、、という方でもネイティブスピーカーの生の発音を繰り返し聴いていれば自然とついてくるので安心してください。

私は3ヶ月で聞き取れるようになり、半年で喋れる英語脳になりました。

 

ただ、費用がバカになりません。ワーホリであれば就労ビザでお金を稼ぎながらできるのですが、留学ですと就労ビザは取れないので貯金、家族に頼ることになってしまいますのでハードルは一番高いと思います。

しかし!実は条件付きではありますが、タダで留学できちゃうんです!

詳しくは次の記事に書いてあります!→実はあった!タダで留学する方法!費用は無料で留学しよう!

 

オススメ度:★★★☆☆

 

英会話教室

みなさんご存知だとは思いますが、国内でできて忙しい方や学生の方でもできるので一番オススメです。

しかし、一つ気をつけて欲しいのが必ず外国人の先生を選んでください!

日本人の先生なんか選んだ時にはお金をドブに捨てたと思ってください。

中国人がカタコトで日本語教えるようなものですよ。全くもって無意味です。

 

外国人の先生だと、生の英語に触れ合えるので日本人に教わるよりも何倍も何十倍も身につきます!

そして、最近だとオンライン英会話などのサービスも出てきているので近くに教室が無かったりしても大丈夫です。

英会話教室は実に数が多いので次の記事にまとめました!→英会話をするならここ!無料体験があるところやちょっと変わったところまで!

 

オススメ度:★★★★☆

 

スカイプなど

これは結構ハードルが高いかもしれませんが、掲示板などを使って日本語を教わりたい外国人の方を見つけてお互いに教えあうというやり方です。

国内でやる場合、ジモティーなどのサービスを使えば見つかると思いますが、実際に連絡先を交換したりするまでは相手の素性を知ることができないので最初の一歩に勇気がいります。

 

連絡先を交換した後でも、お互いに時間を合わせなくてはいけないので、時間が全く取れない可能性もあります。

しかし、外国人に教わるという点は英会話教室とも変わりないので時間に余裕があり、外国人の方を見つけることができる方にとってはオススメの手法です。

 

ただ、お金が発生していない分人によって教えるのが下手であることも覚悟が必要です。いかんせんプロではないので。

 

オススメ度:★★☆☆☆

 

一人英会話

これは要は、独り言です笑

SiriなどのAIを相手にするか、会話の全部を自分でやるかです笑

 

ただ、上達の確認方法は録音してそれを聞いたりだとか、発音を認識して点数を出してくれるアプリもあるのでそれを使うかしかないので一番成長度は低いです。

お金はほぼ無料で、一番気軽に始められて5分でも時間が取れればできるので、めちゃくちゃ忙しい方やお金を出してまで英語を喋ろうという気のない人にはオススメです。

 

オススメ度:★☆☆☆☆

 

これだけはやめとけ

これだけはやめておいたほうがいいのが教材購入です。

有名なeラー○ングなどの聴きながす系は本当にやめておいたほうがいいです。使い方によっては身につきますがうたい文句通りに実践すると絶対に身につかないです。大事なことなので2回いいます。絶対に身につかないです

それでも本人のやる気次第な部分はあるのですが、費用対効果をみたらスカイプなどをやっているほうが何倍もマシですね。

記事中

スポンサーリンク

記事中

スポンサーリンク

-教育, 英語

Copyright© ウメブログ , 2017 AllRights Reserved.